CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
にほんブログ村 その他ブログへ
↑クリックをお願いします。
CATEGORIES
<< 地震予測:2014年末までに東南海地震 | main | 東京〜大阪間の移動 新幹線と飛行機の比較 >>
富士山 噴火 時期の予測 2007〜2015年
0
    富士山の噴火は始まっているそうだ。この木村先生の予測はすごいなあ。噴火は2、3日前に分かることが多いような意見をよく見るので、急に来る心配はないのかな。2007〜2015年に富士山噴火との予測なので、もう数年以内か。噴火するのわかっててもなかなか人間って逃げられないよね。たいした被害じゃないと良いのだけど、一度噴火したら何年も噴火し続けるのだと困るね。桜島みたくずっと噴火だと大変そう。

    ===引用=====================================
    http://www.geocities.jp/beans8055/fujisan_daihunka.html球大学・木村政昭名誉教授は1995年の阪神大震災、2004年の新潟・中越地震を事前に指摘し、2011年3月11日発生の東日本大地震も、誤差70日という精度で事前予測を発表していました。

    火山に関しても、1986年の大島・三原山、そして1991年の雲仙普賢岳の噴火も予知しており、特に三原山の噴火に関しては、マスコミの目の前で、誤差1時間の精度で噴火を予知したことで有名です。

    その木村名誉教授が富士山の噴火を2011年±4年と予測していましたが、2011年9月から富士宮市淀師地区で約半年間にわたる膨大な量の湧水が見られました。

    これは火山学における水噴火という現象ですから、「すでに噴火の一部が実現した」と見ることも出来ます。(木村名誉教授はさらなる噴火、すなわち溶岩流を想定している)

    富士山の活動期は200年〜300年に及ぶ場合もあり、その活動期のどの段階で噴火(火山灰や溶岩流)があるかはわかりませんが、そうした切迫した時期にさしかかっているものと思われます。

    また、上記要約の最後で触れている三陸沖北部や房総沖から近い火山の噴火では、名前が挙げられていた十勝岳の活性化(※1)、伊豆マリアナ海域では南硫黄島北部の海底火山噴火(※2)が今年になって起きています。
    ==引用終わり=================================

     
    【送料無料】富士山の噴火は始まっている...

    【送料無料】富士山の噴火は始まっている...
    価格:1,000円(税込、送料込)


    | 地震 | 20:02 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする